野球心野球教室ブログ

野球心ボールの使い方 いろいろできます。高校・大学Part1

2021年11月26日 | 活動報告

野球心ベースボールクオーレ

野球心ボール

いろいろな使い方が出来ます。

【Part1】

高校から上のレベルの選手には

反応練習がおすすめです。

 

速いボールというのは、

眼が慣れると後は反応だけ

 

バッティングのいい選手の条件

・ボールに対する反応がいい選手

・スイングスピードが速い選手

・入射角がいい選手

細かく分けるといろいろありますが

この3ポイントは外せない条件です。

 

下記の動画の野球心ボールの速度・キレ

この3ポイントが揃い

数多くの練習をすると

かなりの効果が期待できます。

 

どうしてか

 

体感速度的に

これ以上速く・切れのいいボールは

投げることはできないと思います。

 

試合のボールは、これより遅いはずです。

 

この練習を継続しているチームは

バッティング良くなって来てます。

名門高校・W・K大学も使ってます。

 

野球心ボールお問い合わせ先

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ