お知らせ・活動報告

野球心スピンスティック 股関節の使い方が分かる パート3

2020年10月7日 | 活動報告

野球心水口です。

ツイスト打法

この言葉聞いた方いらっしゃると思います。

バッティングでは、スイングスピードが速い選手の方が

断然有利です。

 

バットの先を速く使うことが出来れば

バッティングのレベルは数段上がります。

 

しかしこれが難しい。

プロ野球選手は

どうやってバットの先を走らせることが出来るか

知っています。

残念ながら知らない選手もいますが

コーチの方に聞いてください。

 

どうやったらバットの先を速く使うことが出来るか?

 

トップから打ちに行くときに

バットを振る際に、回転が生まれます。

この回転の力と

下半身の力が

うまく使えると

バットの先は速く使うことが出来ます。

 

ではどうするのか?

 

説明します

 

トップから打ちに行くときに腰が回転します。

この回転している力にストップをかける部分を作ると

勝手にバットの先は速く動いてくれます。

 

例えば

長い紐の先端に重りをつけて

振り子のように動かします。

 

振り子運動中=スイング中で

半分ぐらいの長さ部分に

ストップする部分を入れると先は速くなりますよね。

 

そのストップ部分

 

それが投手寄りの内転筋です

 

インパクト前後に投手寄りの内転筋に力を入れてください。

バットの先は速く使えます。

 

しかし

 

この説明だけではなんのこっちゃの方も

いると思います。

 

動画をご覧ください。

正面から近い距離で野球心ボールを使い

バッティングを行います。

 

この器具は気を抜くと前に転がるので

投手寄りの足に力を入れないとスイングできません。

スイングをすると

投手寄りの内転筋に力が入るのが分かります。

この器具はちょっと大きすぎるので

手軽に持ち運べる

野球心スピンスティックを使います。

この器具だとインパクト時の投手寄りの内転筋への

力の入れ方が分かってきます。

動画をご覧ください。

インパクト時に投手寄りの膝がしまってます。

この形がバットの先を速く使う

パフォーマンスにつながります。

 

詳細はこちらをクリック

野球心スピンスティック

野球心では、いろいろな練習器具を使い

分かりやすく説明してレッスンしております。

興味のある方見学できます。

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ