お知らせ・活動報告

野球心スピンスティック 股関節の使い方が分かる パート2

2020年10月7日 | 活動報告

野球心水口です。

下半身は上半身の倍以上の力がある。

前回

この力を生かすことが出来れば

バッティングのパフォーマンスは

数段レベルアップします。

ということを述べました。

START

野球で必要とされる下半身

バッティングでのボディターンで

大切なのは股関節をどううまく使うかです。

下半身強化トレーニングにはいろいろあります。

 

このトレーニング方法いいかも

しかしなかなか難しいし根性がいります。

しかししんどそう~

理屈は同じですが、

野球心では、野球心スピンスティックを使って

股関節とその周囲にある筋肉をうまく使う方法を行います。

 

YouTubeで

椅子を使ってティーバッティングやっている動画など

いろいろな練習動画があります。

 

みんないいトレーニングなんですが、

ちょっとしたクエスチョンがあります?

 

椅子を使ってバッティングを行うと、

軸足に体重が移動したときに

1 軸足にしっかり乗ったかどうか分かりづらい

次の動作で

2 投手寄りに体重が移動したときにスムーズな体重移動が行いずらい

せっかく下半身をどっしりした形で

下半身を使つて上半身に力を伝える意識をもって

やっているのに上半身だけのスイングにもなりうる

可能性があります。

 

 

 

野球心スピンスティックはこの部分を、分かりやすくしました

軸はしっかり安定している動きの中で

1 捕手寄りに体重が乗った時の確認が分かりやすい

そこから股関節移動を行い

投手寄りの股関節に自然と分かりやすく

移動しながらインパクトを行うことが出来る

 

股関節は!

股関節は伸展、屈曲、外転、内転、外旋、内旋の方向に動きます。

歩くときや走るときにはねじれ(回旋)ながら

働くことで骨盤を水平に保ち、

バランス良く体重移動を行えるようにします。

バッティング・ピッチング・守備に

おける敏捷性にとって、とても大切な働きです。

 

野球は股関節の状態が

大きな関わりを持つスポーツであり

常に柔らかくパワーを保ちたい部位です。

そして、打撃においては

骨盤をスムーズに回転させ

その回転をしっかり止める動きが大切になってきます

(ツイスト打法)

次回は バッティング時に軸足に乗った体重を

移動してバッティングする際に、

その回転をしっかり止める動きが出来た時

バットの先が速くはしることを説明します。

野球心スピンスティック

お問い合わせはこちらをクリック

 

野球心では、いろいろな練習器具を使い

分かりやすく説明してレッスンしております。

興味のある方見学できます。

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ