お知らせ・活動報告

野球心スピンスティック 股関節の使い方が分かる  パート1

2020年10月5日 | 活動報告

野球心水口です。

バッティングは上半身と下半身を

うまく連動させることで

より大きい力を引き出すことが出来ます。

 

下半身がうまく使え、なおかつ強い力があれば

間違いなくバッティングのレベルは向上します。

 

野球心では、股関節の重要性に注目しております。

 

バッティング、ピッチングに必要なスムーズな回転?

 

よく

回転して打ちなさい。

 

このような言葉が練習中飛び交います。

確かに回転をしないとバッティングは成立しない。

では
回転ってなんでしょうか

 

腰を回す・軸足で大地を蹴りながらバットを振る。

このような動作をすることによってスイングは成立します。

 

野球心では

回転というよりは

股関節移動という考え方で

いろいろな下半身の使い方について

皆様にお伝えしたいと思っております。

 

下半身は上半身の倍以上の力がある。

 

この力を生かすことが出来れば

野球のパフォーマンスは数段レベルアップします。

 

これからブログで下半身がどれほど重要なのか

配信したいと思っております。

野球心では、スピンスティックを使い

自然と軸を意識させて股関節をうまく使う理論で

レッスンしております。

 

 

これから何回かに分けて

野球で必要とされる

下半身・バッティングでのボディターンなどなど

いろいろな方向からブログを配信します。

 

野球心では、いろいろな練習器具を使い

分かりやすく説明してレッスンしております。

興味のある方見学できます。

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ