お知らせ・活動報告

素振りの大切さ ビフォーアフター

2020年8月3日 | 活動報告

野球心水口です。

いろいろなスポーツで練習メニューの中で

何が一番つらいか?

一番つらい練習とは?

A,同じ練習を繰り返し毎日行うことです。

打撃で言うと

素振り

この練習は必ず飽きが来ます。

単純な作業。

しかしこの単純な事を毎日できる選手は強い。

他にも単純で辛い練習はありますが、

継続すると必ず伸びてきます。

今回素振りの動画を見てもらいますが

上の動画はスイングチェック前

下の動画は1カ月後のスイングです。

間違い探しではないですが何個も違うポイントがありますよ。

ボールを見る視線やステップ幅、トップからの入射角

まだまだいろいろあります。

彼には、修正ポイント8つぐらい伝えました。

いい素振りの形になると結果も出てきます。

最後の大会いい場面で、いいヒット打ちました。

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ