お知らせ・活動報告

バッティング どうして伸び悩むのか???

2020年6月17日 | 活動報告

野球心水口です。

16時・17時のクラスの保護者様の考えの中に

★野球心で基本を学んでから少年野球のチームに入部させる

★現在チームに入っているが今のレベルをもっと上げたい

このようなお考えを持っていただける保護者の方

多くなってきました。

チームで7番・8番だったのに

レッスンを受けてからクリーンナップで

打てるようになりました。

このような嬉しいお言葉をいただけることもあります。

 

子供はちょっとしたきっかけで変わります。

 

【そのきっかけとは?】

NO1

野球心では独自の方法で

最初に、今どのような打ち方になっているか伝えます。

 

NO2

その後に、個人個人で最初に修正しなければいけない

バッティングフォームのポイントを

素早く水口やスタッフがチェックします。

 

このチェックが難しいのです。

おそらくこの地点で、いきづまる方がいると思います。

 

最初のチェックポイントを間違えると

練習すればするほどフォームがバラバラになります。

この子は一生懸命練習しているのにうまくならない。

そう思っている方いらっしゃると思います。

一生懸命練習する子供は、必ず伸びます。

伸ばしてやらないといけないのです。

 

どうして伸び悩むのか???

その子にあってない練習法や指導法を行っているからなのです。

 

プロ野球選手時代コーチの方に

水口よ

理にかなってないフォームを一生懸命練習しつづけると

おかしいフォームになるぞ

最初の基礎が大事なんや

このようにビビらされました。

今考えると、なるほどの共感です。

最初の一歩が、かなり大切になってきます。

 

動画の生徒は、小学生時代どのチームにも入っておらず

週1回の野球心のレッスンのみの練習です。

中学に入り本格的に野球をやるみたいです。

実は、水口も小学生時代はサッカー部でした!

 

現在

16時のクラス入会可能です!

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ