お知らせ・活動報告

バッティングはどのように進化していくのか 小学生E君編NO2

2020年6月10日 | 活動報告

E君のバッティングの進化

前回はバッティングバランスでした。

今回は、1週間後から先どのようなことを行っているか?

A.いろいろな練習法を取り入れてます。

その中で

入射角

この部分が重要になってきます。

今YouTubeでいろいろな入射角が検索できますが

トップからのバットの入り方を伝えているものを

参考にしてください。

入射角の部分を勘違いするとちょっとバッティングフォームが崩れます。

小学生の時は、そんなに速いボールが来ないので

バットが下から出てもボールに当たります。

そのフォームで遠くにボールを飛ばそうと思うと

中学生になった時いい投手の速いボールは打てません。

 

野球心でもスタッフ総出で入射角チェックを行っております。

野球心バッティング理論の中の入射角練習法は

いろいろな方向から子供たちにわかりやすく伝えております。

 

野球心バッティング理論

縦横8m6mの広さがあれば

プチ野球教室可能です。

興味のある方

info@yakyushin.com

メールください。

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ