お知らせ・活動報告

横浜DeNAベイスターズの伊藤光選手が野球マシンと勝負

2020年4月30日 | 活動報告

野球心水口です。

昨年のオフシーズンに

横浜DeNAベイスターズの伊藤光選手が

野球心に来てくれました。

私がプロ野球のバッティングコーチ時代の時の

選手でした。

今や横浜DeNAベイスターズの看板選手になってますね。

光これからも頑張って!

 

今回野球心マシンが、どんなマシンなのか興味を

もってくれてたみたいで、打ってもらいました。

 

野球心マシンの特徴

  • 速いボールを見ることで反応が良くなる。
  • スイングスピードが上がる。
  • 選球眼を養うことができる。
  • インパクトでバットのヘッドが下がっているか立っているか確認できる。

野球心マシンはドラム式なので

最初にトップの位置を作り

いつでも始動できる準備で待つと、いい効果が生まれます。

 

バッティングの動きの中で

いいトップの形をとれることが

いい打者の条件の1つです。

 

このトップの形から、野球心マシンのボールが打てると

どのような効果があるか!

 

★ボールがめちゃめちゃ速いので、

速く振らないと当たらないので

自然とスイングスピードが上がります。

★いい入射角でバットが出せる。

★インパクトの時、バットのヘッドが下がらない。

★試合の時バッターボックス内で余裕が生まれる。

(速いボールが遅く見える)

 

野球心ボールで速いボールを打ち。

その後に正面から緩いボールを打つ。

 

これを繰り返すことにより

 

速いボールに対する反応練習と

緩いボールで呼び込むタイミングを作ることが出来ます。

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ