お知らせ・活動報告

バッティングのレベルとヘッドスピードを上げる ショートバッティング

2019年7月29日 | 活動報告

野球心水口です。

プロ野球バッティングコーチ時代

試合前のティーバッティングで

私が正面から

投げてスイング軌道確認・ポイント確認を

選手達にさせてました。

 

特にスイング軌道は、常にチェックが必要です。

昨日めちゃめちゃ打ったのに今日は全然ダメ

このようなことが多々ありますよね。

 

これは、昨日今日の

投手の投げるタイミング

リリースポイント位置の違い

右投手・左投手

いろいろな違いがあります。

この違いは、が反応します。

 

眼からきた指令が、脳に伝わり筋肉に伝わり

体がボールに対して反応します。

この時

眼からきた指令でスイング軌道が変わります。

この投手は速い・変化球がいい・ボールが抜けてきそう

いろいろな事が18.44の中で起こります。

 

この時スイング軌道が変わってくるのです。

いい選手はスイング軌道・入射角があまり変わりません。

 

しかし

 

これは難しいですが、練習すれば出来ます。

 

そのためにも常にショートバッティングで

正面から打つことが出来ればいいと

思っております。

 

野球心や兵庫夙川ボーイズの選手達は

なるべく正面からのショートバッティングを行うように

しております。

 

 

 

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ