お知らせ・活動報告

episode2 野球心ボール・眼・動体視力・反射神経

2019年4月15日 | 活動報告

野球心水口です。

野球で大切なポイントの1つ

動体視力・反応能力です。

 

エピソード1に

一流投手のボールを打つには、どうしたらいいのか。

載せました。

 

「目」のトレーニング・動体視力

 

動体視力=反射神経

 

 

日本経済新聞

スポーツに必要な能力はパワーやスピードだけではない。

「目の力」も重要だ。

特に野球やサッカーなど動くボールを扱う

球技スポーツでは、選手のパフォーマンスに

大きな影響を与えるという。

 

人間は、まず目によって情報をインプットし、

その情報を脳で判断してから、

神経回路を通じて指令を出して手足を動かす。

もちろん、スポーツビジョンが優れているだけで

一流選手になれるわけではない。

だが、卓越していれば、かなり有利となる

重要な要素なのである。

 

このような記事が載ってました。

 

プロ野球選手が、勝手に体が反応して打てました。

このようなことをインタビューで言ってます。

18.44メートルの中で、考えてもなかなか

打てるものではありませんよね。

 

いい投手が投げる球種に

似たボール(スピード・キレ・変化)を

練習することが大切です。

 

野球心ではこのような練習で目のトレーニング

行ってます。

 

 

 

この練習を繰り返すことで、目が勝手に慣れて

反応で打てるようになります。

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ