お知らせ・活動報告

タイミングと飛距離の関係 自分のポイントまで呼び込む動作

2018年12月11日 | 活動報告

野球心水口です。

タイミングと飛距離の関係

ゲームで必要なことの中にタイミングがあります。

今の時代バッティングマシンの精度が上がり、速いボールに

対応する能力が上がってきました。

 

ゲームでも、めちゃめちゃ速いボールを投げる投手に

対して打てるのですが

緩いボールの投手に対して全く

タイミングが合わずに打ちとられるケースがあります。

 

原因

・タイミングが合っていない

・うまく自分のポイントまで呼び込めていない

 

この自分のポイントまで呼び込めないことが

ゲームで打てないことにつながります。

 

では

 

どうしたら自分のポイントまで呼び込めるか?

足だけでタイミングをとっても打てません。

 

下半身と上半身を連動することにより

体全体でタイミングがとれて

自分のポイントまで呼び込むことが出来ます。

 

この動作を意識すると自然と飛距離もアップします。

 

なかなか難しいこというやん!

 

と思っている方もいるかもしれませんが

 

1つ目の動画と2つ目の動画には違いがあります。

ある1つの体の部分を意識すると呼び込む動作が出来ます。

簡単です。

 

1つ目の動画は、修正前です

 

 

 

2つ目の動画

ある部分を意識しております

 

 

 

スローで見てみます

 

 

 

 

野球心の生徒のお父さんも、どこが変わったか分からない?

とおっしゃる方もいますが

 

その部分を伝えると

 

おー わかるわかる

 

とうなずきます。

 

野球心では、選手のバッティングフォームの流れを一度見て

そこからチェックするところを練習します。

 

この写真を見れば一瞬で分かりますよね。

ただしバットの先の傾きではありません。

 

バットの先はちよっと入りすぎなんちゃう

 

と思われる方

 

トップでは

しっかり右耳あたりからバットが出てますよね。

 

 

インパクト時の力強さも変わってきました。

 

野球教室

野球心では、3月に生徒が、卒業したり軟式から硬式に

変わりますので、現在予約受け付けております。

 

ご連絡お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ