お知らせ・活動報告

小学2年生で必要な練習とコーチングの仕方

2018年12月6日 | 活動報告

野球心水口です。

良く小学生の低学年のコーチから、小学1~3年生の

指導の仕方が分からない?

どうしたらいいですかねという

質問が来ます。

まずは、動画をご覧ください。

彼は、小学2年生です。

 

 

 

小学生低学年の場合は、理論を伝えてもお分かりの通り

ピンときません。

それよりも大切なこと、正面から来るボールをどんどん

打たせてください。

ホームラン競争などやったら面白いかも!

 

上からバットを出しなさいと言っても、低学年は

 

なんのこっちゃ

 

と思ってます。

 

それよりも遠くに飛ばすことを練習させてください。

そこで、やらなくてはいけない大切なチェックポイントが

ありますので、

3つの動画を参考にしてください。

 

いろいろな小学2年生動画見比べていただいたら

お分かりになられると思います。

 

野球心

野球教室では、この大切なチェックポイントを

分かりやすく生徒に伝えてます。

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ