お知らせ・活動報告

下半身の大切さ 意識すれば変わります!

2018年11月30日 | 活動報告

野球心水口です。

下半身は上半身の倍以上の力がある。

私が、プロ野球選手時代にコーチに言われた言葉です。

 

先日の日米野球を見ていてメジャーリーガーの下半身の

使い方と強さには驚きを感じました。

特に打ちに行くときの股関節の使い方と

インパクト時に全体重を乗せるテクニック

これは、日本のプロ野球選手も見習った方がいいですね。

日本のプロ野球選手の中でもソフトバンクの甲斐選手

彼の捕手での下半身の使い方うまいですね。

アマチュアの選手も参考にしてください。

 

野球心 野球教室に戻ります。

この動画は小学生時代です。

ここから下半身トレーニングを行い、頑張って行きました。

 

最初のバッティング下半身フラフラです。

続いてのバッティング足の裏を意識してます。

 

 

小学生から中学生になって下半身の使い方、踏ん張り方が変わってきました。

 

 

ワンショットですが、明らかに下半身の強さが出てきました。

意識して練習すれば必ず変わります。

 

 

モンスタースパイクもバンバン使って練習してました。

 

 

 

今年の2月に野球心は卒業

 

今や彼も某有名高校の1年生

がんばれ!

 

モンスタースパイクの詳細

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ