お知らせ・活動報告

バッティング向上するための練習

2018年8月31日 | 活動報告

野球心水口です。

バッティングは難しい。

これはみんなが思うことです。

小さな丸いボールを細い棒で打ち返す。

なかなか技術がいりますよね。

現在では、素晴らしい野球の理論沢山あります。

ここで私が考えていることは?

実際、正面から来るボールをどうやって打つことが出来るか!

ここが試合で打つことができるポイントの1つだと考えてます。

ティーバッティング練習で気をつけないといけないこと。

バッティング練習のひとつに

『ティーバッティング』があります。

横から相手にボールをトスしてもらい、それを正面のネットに打つというもの。

素振りよりも実戦的で、効率のよい練習にも思えるティーバッティングですが、

気を付けるポイントがあります。

ティーバッティングは斜めからトスされるボールを

正面に打つため、ドアスイングになる傾向があります。

いい選手はこのボールを内からたたいて

内からバットを出すことを意識します。

しかしこのスイングを実践しようと思うと、なかなか難しいです。

では、正面から投げてもらい打ったらええやん!

と思いがちですが硬球・軟球どちらにしても

近い距離で正面から投げることはかなり危険です。

そこで野球心ではこんな感じで練習を行っています。

野球心ボールを使ってます。

このボールは25g前後の重さで

近い距離から実践できるボールです。

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ