お知らせ・活動報告

嬉しい声と天才少年!

2018年6月21日 | 活動報告

野球心水口です

某高校の監督からメッセージいただきました。

この子はバッティングの基礎が出来ているから

後はガンガン振らせるだけやから

進歩が速いわ!

これが、野球心の一番のポイント部分です。

高校に入ってからバッティングの基礎を教えるのでは

その分の時間がもったいないです。

中学もっと極端に言えば小さい頃から

基礎を教えていれば、高校に入ってからの

伸びしろは、かなり大きなものになるでしょう。

 

高校に入ってからも野球をする選手は、かなり多いと思います。

そのためにも小学・中学野球は、甲子園予選のような

大事な試合以外は、子供たちの適性を見てやり、基礎を教えて

投げさせ過ぎないことが大切ですよね。

 

野球心では

幼稚園児から、中学3年生まで幅広く来てます。

 

小さいころから野球の基本を行うことにより

大きくなるにしたがって、野球のプレーに差が出てきます。

 

どのようにスイングしたらいいのか。

★スイング軌道が大切なポイントです。

 

下半身の使い方

腰を回すのではなく、股関節への体重移動を行う。

この部分もかなり大切です。

野球心ではモンスタースパイクを使って

下半身の使い方を練習してます。

モンスタースパイク

体のどの部分を意識すると、バッティングのバランスが

良くなるのか?

 

野球心では、このような?をいろいろな練習法で分かりやすく

お伝えしております。

小さいころから、基本を知っておくと

学年が進むにつれて、迷うことはありませんよね。

動画の彼です!

 

 

バッティングで悩みをかかえている選手に

数多く活用されてます!

野球心レッスンノート

 

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ