お知らせ・活動報告

キャッチボール向上したい選手におすすめ 野球心ボール

2017年9月22日 | 活動報告

野球心水口です。

野球の基本は、キャッチボールですよね。

打つことも必要でですが

野球を始める第一歩は

ボールをキャッチする

相手に正確に投げることが出来る。

 

この2つから始まります。

キャッチがうまくできない子供たちは何が原因か?

ボールをキャッチする自信がないから

体に当たると痛い

これが原因の一つに上げられます。

ボールが体に当たってもそんなに痛くなければ?

そうなると体の正面でキャッチしようという気持ちが

出てきますよね。

そうすると、自然とキャッチ出来るようになり

ボールを捕れるという自信につながり

次は、軟式のボールでキャッチボールしようという

気持ちになります。

 

投げる方も、いいフォームで投げれている選手は

いい回転のボールになってます。

野球心ボールは、いい回転で投げることが出来ないと

とんでもないところにボールがいってしまいます。

いい回転=いいリリースポイント=いい投げ方

ここがポイントです。

体育館で野球心ボールを使って、沢山の子供たちが

野球を行いました。

 

野球心ボールお問い合わせここをクリックしてください。

野球心ボール

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ