お知らせ・活動報告

バッティングバランスはどこを意識するか!

2017年8月17日 | 活動報告

野球心水口です。

小学生をメインとした動画が多いですね。

そろそろ中学生の動画も作ります。

 

今回は小学生です。

前回は、野球を教える難しいポイントでした。

今回バッティングバランスについてです。

野球心に来た当時のバッティングです。

下半身特に足の裏に注目してください。

 

下半身を使えと良く言われますが

子供たちは、どうやって下半身を使えばいいのか分かりません。

 

ここで指導者の出番ですね。

 

私は、下半身は上半身の倍以上の力があると伝えています。

バッティングもピッチングも下半身【股関節】の動きや

働きは、かなり重要なポイントを締めます。

 

野球心では、股関節の練習法は数十個のパターンがありますが

例えば、重たいものを遠くに投げる時足の裏は

どう使うか考えてください。

上記の動画のインパクトから先の足の裏は

フラフラになっております。

これでは、重たいものを遠くに飛ばすことはできません。

 

下記の動画を見てください。

半年後の動画です。

 

インパクト後の足の裏がしっかりと

使えてきました。

腰を回せ・足をしっかり回せ

この言葉、小学生にとっては、非常に難しい言葉です。

それより

足の裏を大地にしっかりつけて

捕手寄りの足は、大地を蹴る

投手寄りの足は、インパクト前後

足の裏を大地から離れないように

 

このような言葉で、股関節がうまく使えだしますよね。

 

上記の動画で彼は、捕手寄りの肘の使い方を

意識していますが

この使い方、考え方はまたお伝えします。

IMG_3533http://www.yakyushin10.com/lp/

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ