お知らせ・活動報告

小学3年生 野球を教える難しいポイント

2017年8月3日 | 活動報告

野球心水口です。

今回の動画

野球を野球心から始めた生徒1年前の動画です。

【チームに入る前に、野球の基本を身につけたい】

お父さんからこのような言葉を

いただきました。

野球心に来た当時の動画です。

当時小学2年生

体の力は、ありそうなスイングですよね。

これから、レッスンの始まり

★トップからのバットの出し方

★リストターンの仕方

★フィニッシュの形

 

これに味付けして野球心の練習法を行いました。

 

【野球を教えることの難しい点】

子供たちは、指導者に言われたことを

ただひたすらやります。

例えば

バットを平行に振りなさい。

バットのヘッドを立てなさい。

インパクトの形をしっかりとりなさい。

このようなことをコーチから言われると思います。

 

そこで子供たちはこう考えます。

 

なぜバットを平行に振るの?

なぜバットのヘッドを立てるの?

なぜインパクトの形をしっかりとらないといけないの?

 

言われてやるだけでは、子供たちも

あやふやな考えで、練習を行ってしまいます。

 

ここで、指導者の方が

インパクト時になぜバットを立てた方がいいのかを

的確に答えてあげれば、子供たちも納得して

練習を行うことが出来ます。

 

選手たちは、いろいろなクエスチョンが

あると思います。

これを指導者の方が、教えることにより

選手が理解をして、頭の中でインプットします。

将来的にも、選手達の技術の引き出しになります。

 

引き出しの中に、いろいろな野球の考え方が詰まっていたら

高校に入ってから、野球の壁にぶち当たった時

こんな練習法があったなやってみよう。

これもやってみよう。

何か解決の手掛かりになります。

 

技術・考え方・理論の引き出し

中学までに作ってやるといいですよね!

 

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ