お知らせ・活動報告

久しぶりの投稿です!バットを上から出す意味

2017年5月19日 | 活動報告

野球心水口です。

ご無沙汰しております、2月2日以来の投稿です。

野球心の生徒たちも、日が経つごとに成長しています。

 

今回は、野球心に来た当時の動画(小学4年)の時と

現在の小学6年生時の動画を比べてみます。

 

小学4年時

トップからグリップが動くとき、右肩から離れていきます。

指導者の方が、バットを上から出すように言われていると

思いますが、上から出すことは必要ですが、ただ上から出して

スイングすると、動画のようにドアスイングになります。

ということは!

トップ時に緑の丸あたりにグリップが来ます。

 

この下は現在の彼の打ち方です。

1855-SESvI

 

緑丸、グリップが右肩あたりから出てきます。

このときバットは、立っている状態です。

 

これが!

バットを上から出すということですね。

 

野球心では、バットを立てながらスイングするよう

伝えておりますが、ちょっと難しいです。

1855-a6D8M

ここから先は、投げて来るボールの軌道は、

地面と平行より

ちょっと下がりながらの起動できます。

 

ここで上から下にバットを

振ると、バットとボールとの接点が、短くなります。

だとしたら!

1855-a2RWG

緑の丸のバットの位置から、青いライン(ボールの軌道)

で振ってやればいいですよね。

1855-oFrlH

このイメージが出来れば、いいスイングに近づきます。

 

現在小学6年生時のバッティング動画

 

これからは下半身の使い方行って行きます。

 

スロー動画

野球心では、トップからバットを立てながら打ちに行くよう

伝えております。

 

なぜバットを立てないといけないのか?

 

これは、速いボールを打つとき、バットの先が下がっていれば

ボールにあたりません。

いい投手になると速いボールが来ますよね。

そこで、このボールを開発しました。

野球心ボール ←ここをクリックしてください

 

過去記事一覧

カテゴリ

野球心ボール

スマホで野球心練習法を見ることができる! 野球心×LessonNote


水口栄二
(みずぐち えいじ)
松山商業高校、早稲田大学を経て近鉄バファローズに入団。2007年の引退まで主に二塁手として活躍。2001年の近鉄リーグ優勝では不動の2番打者で貢献し、同年の日本シリーズでは同点ホームランを放つ活躍を見せた。引退後は打撃コーチとして、坂口智隆・T-岡田・バルディリスなど数々の選手をオリックス・バファローズに欠かせない戦力に成長させた。
ページの先頭へ